新 高 志 館 日 記



 新高志館の進捗状況


    10 月   →   11 月   →   12 月   →   1 月   →   2 月   →   3 月


※画像はクリックすると拡大表示されます。

 ▼  3月 23日 (水)

志館内。
検査のための書類ファイルが並んでいます。


 +拡大  +拡大


 ▼  3月 15日 (火)

コートのラインが引かれました。
外回りは、土を入れ整地をしています。
完成目前です。


 +拡大  +拡大
 +拡大


 ▼  3月 14日 (月)

卒業式が終わり、最後の床の仕上げに入っています。
床の研磨の際、粉塵が大量に出るため幕を取り外しています。
塗装のあと、コートラインを引く作業が残っています。


 +拡大  +拡大


 ▼  3月 7日 (月)


 +拡大  +拡大
 +拡大  +拡大


 ▼  3月 4日 (金)

 周囲のフェンスがすべて撤去され、全体の姿が見えてきました。
 いよいよ、完成まで「秒読み」に入ってきました。


 +拡大  +拡大


 ▼  3月 3日 (木)

 「志館」額、「校歌」額を設置するために内部に入りました。
 設置後、ステージ側に見える足場は無くなります。
 反対の入口側には、床の土台部分ができあがっています。
 この上に床が張られていきます。


 +拡大  +拡大


 ▼  3月 1日 (火)

 外壁工事(塗装など)もほぼ終了し、足場の解体作業中です。
 写真A:入り口上の足場
   B:横に4列、高さ5m位のかたまりをクレーンで持ち上げ。
   C:一気に屋根の上を旋回。
   D:地上に降ろして解体です。
 この繰り返しで、どんどん解体が進んでいきます。


 +拡大  +拡大
 +拡大  +拡大


 ▼  2月 28日 (月)

 ステージ方向です。右にバスケットゴールが見えます。
 写真では見えませんが、「志館」額・「校歌」額の取り付け準備が進んでいます。


 +拡大


 ▼  2月 16日 (水)

 いよいよ屋根が取り付けられました。
 骨格の鉄骨にボードを張っている所です。(内部からの撮影)
 グランドから見ると、フェンスの上方に屋根が少し見えます。


 +拡大  +拡大



 ▼  2月 4日 (金)

 保護シート内の工事状況です。
 今後は、現場内は立入禁止のため工事業者様からの映像・報告となります。
 そのため、週1回の更新を予定しています。
 写真は、内部から撮影したものです。
 ステージが一段高くできあがっています。


 +拡大  +拡大
 +拡大


 ▼  1月 24日 (月)

 外壁の保護シートがさらに高くなってきました。
 天井部分と思われます。
 外からの映像では、これ以上変化がない画像になりそうです。


 +拡大  +拡大
 +拡大


 ▼  1月 18日 (火)

 3台の機械を使用し、コンクリートを流しこみました。
 型枠がとれるのは、約2週間後で側面の全景が現れるでしょう。
 図面は、完成時の立面図です。


 +拡大  +拡大
 +拡大  +拡大
 +拡大


 ▼  1月 14日 (金)

 さらに周りの防護シートが上に伸びてきました。
 この高さまでが壁面部分でしょう。
 次回は、完成図(立面図)を掲載します。


 +拡大  +拡大
 +拡大


 ▼  1月 13日 (木)

 前日12日より工事部分が上に伸びてきました。


 +拡大  +拡大
 +拡大  +拡大


 ▼  1月 12日 (水)

 周りにシートが張られています。
 正面入口(写真右側)の屋根部分に取りかかっているようです。


 +拡大  +拡大
 +拡大  +拡大


 ▼  1月 5日 (水)

 1階部分外壁の型枠にはコンクリートが流し込まれました。
 正面部分の鉄筋がでている所は、どうなるのでしょう?


 +拡大  +拡大
 +拡大  +拡大


 ▼  12月 24日 (金)

 基礎部分の完成から1階部分への工事が始まっています。


 +拡大  +拡大
 +拡大  +拡大


 ▼  12月 20日 (月)

 地面への土の埋め戻しが終了。
 防湿のシートも全面に敷かれています。


 +拡大  +拡大
 +拡大  +拡大


 ▼  12月 13日 (月)

 雨の中工事が進んでいます。
 写真奥の方(南側)のコンクリートが固まり型枠をはずしています。
 2台のクレーン車は、パイプや型枠など機材を運んでいる様子です。


 +拡大  +拡大
 +拡大


 ▼  12月 10日 (金)

 基礎部分の鉄筋はほぼくみ上がっているようです。
 コンクリートを流す型枠も取り付けが進んでいます。


 +拡大  +拡大
 +拡大  +拡大


 ▼  12月 8日 (水)

 引き続き基礎部分の鉄筋をくみ上げています。
 12月7日の何本あるのでしょうか?の答えは・・・
 地中の杭の数は、長方形の長い方に7本、短い方に4本
 計28本打ち込まれていました。


 +拡大  +拡大
 +拡大  +拡大


 ▼  12月 7日 (火)

 基礎部分の全景です。
 丸くなって出ている鉄筋は、地面下30m近く鉄筋コンクリート状態で埋まってます。
 耐震強度 ★★★(星3っです)
 これが何本も打ち込まれています。
 何本あるのでしょうか?


 +拡大  +拡大
 +拡大  +拡大


 ▼  12月 6日 (月)

 これは、平安京?
 地下に埋めた支柱と支柱の間の部分の土砂を取り去り、その間を鉄筋でつなぐ作業に入っています。


 +拡大  +拡大
 +拡大  +拡大


 ▼  12月 3日 (金)

 地中へ打ち込んだ基礎工事は終わり、それと繋ぐ土台部分へ工事が進んでいます。
 地下に埋めた支柱と支柱の間を掘り進めています。


 +拡大  +拡大
 +拡大  +拡大


 ▼  11月 25日 (木)

 +拡大  +拡大
 +拡大  +拡大


 ▼  11月 16日  (火)

 +拡大  +拡大


 ▼  11月 10日 (水)

 +拡大  +拡大


 ▼  11月 8日 (月)

 掘削のようす。
 クレーン車が掴んでいる支柱を回転させながら、先端のタンクに土をためて引き上げています。


 +拡大  +拡大


 ▼  11月 5日 (金)

 地中に埋める丸い鉄骨を組み立てています。
 クレーン車が土を掘り出していきます。


 +拡大  +拡大


 ▼  11月 2日 (火)

 基礎部分の掘削を始めています。
 土砂は掘り出したものの一部です。
 横になっている丸い鉄骨が地中に埋められます。


 +拡大  +拡大


 ▼  10月 27日 (水)

 工事用フェンスで囲まれ新築工事が開始されました。
 大きなクレーン車は、「基礎工事」に使用します。


 +拡大  +拡大


〒730-0042 広島市中区国泰寺町1丁目1-41 082-241-8108 >>アクセス >>メール